こんな時は利用しよう!レンタルオフィス活用事例

起業してすぐに事務所が必要な時

ビジネスを立ち上げる際に必要になるものには、業務を行うためのオフィススペースですよね。自分一人でビジネスを進めるならSOHOなどのオフィスで事足りますが、何人か雇用して事業を進める場合は、最低限の設備が整っているオフィスでなければ事業が展開できません。起業してすぐには収益が上がっていないので、不動産を借りるハードルも高いですが、レンタルオフィスなら起業したてでも手軽に借りることができて、手続きもスムーズですよ。

都市部である程度のステータスが必要な時

ビジネスを行うにあたっては、どこでオフィスを構えるかというのが大きなポイントになりますよね。都市部の方がビジネスチャンスが多く転がっており、新たな事業を起こすにも情報の上流にあるのは常に都市部なのです。しかし、都市部のオフィスは高額になりがちなので、賃貸オフィスを借りるにも、銀行や貸主の審査が必要となる場合もあります。その点レンタルオフィスの場合は、都市部でも割安な金額でオフィススペースを確保でき、会社の登記もできるので、一人前の会社として認められるというメリットもありますよ。

ビジネス交流を本格的に進めたい時

レンタルオフィスの利点は利用しやすい点や賃料が抑えられるという点だけではありません。レンタルオフィスを利用している会社の多くはベンチャーなどの起業したての会社が多く、お互いの事業について交流を深めながら提携などの話に持って行きやすい環境もあるのです。ビジネスを進める上で、人よりも会社とパートナーシップを結んだ方がスムーズに進む面もありますので、会社にとって新たな出会いを求めるには、レンタルオフィスも一つの最適な場所だと言えるでしょう。

レンタルオフィスは設備、広さ、エリアなどに違いがあり、サービス次第では秘書、電話代行などと併用して展開しています。