どんな努力をしているの?展示会の裏側に迫る!!

誰でも展示会に作品を展示出来るわけではない!

展示会は色々な作品を展示していますが、作品を展示するには展示会を運営している人がいます。運営者側は作品の配置や利用者が気持ち良く作品を見ることが出来るように活動をしています。作品の配置によっては、作品の見え方が変わるので非常に重要な役割を果たしています。展示会に作品を展示するには、誰でも出来るわけではありません。展示会の運営者側が作品を展示するかどうかを決めるので、作品を作っても必ず展示会に展示出来るのではありませんよ。

展示会は運営側にも努力が必要です。

展示会を開催するときには、運営者側が非常に大変な努力をしています。運営者側が行っている努力は客引きですが、街中のように大声で客引きをするわけにもいきません。そのために様々な工夫をして利用者の足を止めています。会場の前でティッシュ配りをすることも一つの方法ですが、外部からイベントコンパニオンを採用することも効率が良い客引きになります。また、ティッシュを受け取った人がブース内に入らなくても、ティッシュに記載しているURLのホームページへアクセルすると展示会の内容が把握できるので、次回の展示会には訪れる可能性があります。

運営側には様々な技術を持った人が集まっている

展示会の運営者側には様々な役割があります。利用者の案内をするスタッフはアルバイトでも出来ますが、作品の説明をする説明員は運営者側が直接雇っている正社員が行っているので、全ての作品の説明が出来る必要があります。説明員が一番利用者との距離が近いので、利用者から常に見られている役割だから常に話し方や接客態度に気をつけなくてはいけません。作品の配置を決めるのは技術者が行うので、どんな配置にすると作品が綺麗に見えるかを考えて展示する必要があります。

展示会の施工は企業や商品のイメージに合わせて魅力を伝えられるように、限られたスペースを活用することが必要です。